主婦で夫の扶養を受けながらビジネスをされる方も多いと思います。

ネットワークビジネスで気になるのは、どこまでが税金がかからなくて、どこからが税金がかかるのか、ということですね。

税金
これを収入のない人で扶養に入っている主婦の方を例としましょう。

まず基本的には年収38万円までは基礎控除と言って扶養に入っている場合は免除される金額です。

つまり年収が38万円までは税金はかかりません。

次に年収65万円までの給与所得控除です。

これは65万円までは税金がかからないという意味ですが、基礎控除と合わせて103万円になります。

つまり年収103万円までは税金がかかりません。

よくパートをしている方が年収100万を超えない範囲で働くのを抑える場合がありますが、それは税金がかからない範囲で働いたほうが得だからです。

さてその次は103万円を超えると、141万円までは段階的に税金が少しずつ増える形になります。

というのも、この103万円を超えて141万円までは配偶者控除の38万円がすぐに0になるわけではなく配偶者特別控除といって、控除額が少しずつ減っていくためです。

年収103万円から130万円までは配偶者特別控除を受けながら、少しずつ税金が増えていきます。

しかし、年収130万円を超えると、141万円までは配偶者特別控除を受けられるはずなのに、実は働いても損をすることになってしまいます。

年収150万円くらいまでは損をします。

なぜなら年収130万円を超えると、夫の扶養からはずれなければならず、社会保険料が自己負担となるからです。

なので、年収130万円(月収11万円)から150万円(月収12.5万円)くらいまでは収入が増えても手取りが減ってしまうという悲しい期間になってしまうということです。

扶養で収入を得るならば、103万円(月収8.5万円)以内で働くか、扶養をはずれて150万円を超え、月収12.5万円以上を目指すかという選択をすることを頭に入れておきましょう。

ということで主婦の方でネットワークビジネスをする場合は、最低月収12.5万円以上の安定した収入が得られるという目標をもって取り組むと良いです。

ちなみに主婦などの仕事を持っていない人は年収38万円を超えると所得税が発生しますが、
仕事を持っている人が副業としてネットワークビジネスをする場合は、年収20万円を超えると所得税が発生します。

ネットワークビジネスに取り組む上での目標設定として参考になったでしょうか?
こちらではインターネットを使ったネットワークビジネスについてご紹介しています。

完全在宅で取り組みながら、安定した高収入を期待できるため、子育て中の主婦の方や本業があって時間がなかなか取れない方の副業に適しています。

インターネットで展開するため、友人・知人を勧誘する必要もありません。

また休日毎にセミナーに参加するという必要もありません。

インターネットで展開するネットワークビジネスとは?現在以下の【無料】メールセミナーでご紹介しています。

>>在宅で高収入を得たい!という人向けのビジネスノウハウ