ネットワークビジネス勧誘で、友達から断られるだけならまだしも、それがきっかけで友達をなくしてしまうこともありますよね。

友達が断るときに言う「断り文句」ってだいたい決まっていて、

 

・商品が高いから。

・今忙しいからビジネスする時間がなくて。

・なんかねずみ講みたいであやしいから。

 

といったことが多いです。

ですが、その友達は本当にそういった
理由が一番の原因で断っているのでしょうか?

疑問

というのも、

 

・きちんとネットワークビジネスのことを説明してあやしいという誤解を解いたとしても、

・商品の価値を説明して、相対的に高いのではないと知ってもらったとしても、

・友人がたまたま忙しさから解放されることになったとしても、

 

断られるときは断られます。

 

要するに、その友人は、ネットワークビジネスに興味がないのです。

 

興味がない場合は勧められるほど迷惑に感じます。

 

つまり無理な勧誘をすることが、友達をなくす一番の原因です。

 

いやいや、そんなことはわかってますよね。

 

でも、ビジネスを始めた頃は特に、勧めている方はちっとも無理に勧めているつもりはなかったりするんですよ。

 

友人が聞いてくれるので、良いと思って説明しているつもりが、一方的な押し付けになっているとしたら怖いことです。

 

でもなぜそうなってしまうのでしょうか?

気をつけなければならないのは、友達は他人とは少し違う点があるということです。

 

赤の他人であれば、興味がなければはっきりと断ってくるでしょう。

他人だからはっきり断れるのです。

でも友達は、あなたとの関係があるので、はっきり断れない場合があります。

友達は、ネットワークビジネスに関心がなかったとしても、あなたのために、いったんは話を聞いてくれるかもしれません。

 

それはネットワークビジネスに興味があるからではなく、友達だから仕方なく聞いてくれています。

我慢して話を聞いている友人は、次第に苦痛を感じ、あなたから自然と距離を置くようになってしまうかも・・・。

 

その断り文句がいろいろでも、断った本当の原因は「興味がないのに無理に押し付けられた」、ということだけだったら、あなたが友人の立場に充分立てていないということになります。

 

友達をなくさないためには、勧誘をしないで、まずよくコミュニケーションすることが大切です。

以下に注意してみましょう。

 

・友人の本当の悩みを真剣に聞いてあげる(そういう関係性を築くことが大切)。

・悩みの解決策として、ネットワークビジネスがあるよと提案してあげる。

・決断は友人に委ねて、選択肢を挙げるだけにとどめる。

 

そして、あなたの生き生きとした姿、輝いている姿を見て、友人が惹かれるというのが一番いいですよね。

 

しかしそうはいってもネットワークビジネスに関心を持ってくれる友達や知人ってそんなにいるものではありません。

 

友人・知人への口コミ勧誘に苦痛を感じている人は多いんです。

 

友達をなくさないで勧誘する、究極の方法とは?

実は口コミをしないでインターネットで集客する方法に、その秘密が隠されています。

友達を一人も誘わないで、ビジネスで成功する方法