共働き世帯が増えていますが、子育てママが忙しいため子供の寝かしつけが遅くなり、寝る時間がだんだん遅くなってしまっている、ということはありませんか?

 

2016年1月、環境省が10万人の大規模調査で発表した結果によると、

3歳児の約30%が午後10時以降に就寝し

約7%は睡眠時間が10時間未満の寝不足状態にある。

ということがわかりました。

 

原因は共働き家庭が増えたことが一因とされています。

 

3~5歳児の睡眠時間はは10~13時間眠るのが適切とされているんですよね。

 

子供の睡眠不足は、成長の遅れや、集中力の低下、疲労感から風邪をひきやすいなど、いいことがありません。

 

子育て

昔から寝る子は育つといいますが、それは本当ですよね~。

 

それを聞いたら子育てママはなんとかしたいです。

 

でも共働きで夜6~7時に帰宅してからの食事、お風呂だけでもあっという間に寝る時間。

 

ママは子供を早く寝かせるために必死なのに、親が遅くまで起きていたり、上に兄弟がいたりするとその影響で就寝時間がどうしても遅くなりがちです。

 

わかっていても、仕事で疲れ果て、疲労がたまっている子育てママにとって、帰宅後も休みなく家事をすることが大きな負担になっていることも。

 

私自身もそうでしたが、子育て中は子供を早く寝かせてあげたいのに、仕事を持っていると疲れれて体が思うように動かなくて、食事の準備やお風呂が全体的に遅くなってしまうことがよくありました。

 

寝かせなきゃ、と毎日追われるように生活すること自体がストレスになってしまったことも。

 

共働き家庭になくてはならないおじいちゃん、おばあちゃんもいなくて、それは大変でした。

 

本当なら共働きのママだけでも働く時間を少なくできれば子育てにも一番いいですが、それでは収入が足りない。

 

いったいどうすればいいのでしょうか?

 

私の場合、在宅でのネットワークビジネスに切り替えました。

 

子供は小学校低学年と、幼稚園。

 

本業はパートに減らし、早めに帰宅します。

 

21時にはいったん家事が残っていても子供と一緒に寝てしまい、夜中に起きてパソコンに向かっています。

 

おかげで子供の睡眠確保もでき、私のお肌のゴールデンタイムも優先できるし、私のストレスも減って一石三鳥です♪

 

子育て共働きママにおすすめのその完全在宅でできるネットワークビジネスとは・・・こんなものです。

子供が寝たあと夜中のビジネスだけで権利収入を得る方法!