自営業者住宅ローンを通すのは会社員や公務員と比較すると難しいと言われています。

 

その一番の理由は安定した収入がないこと。

 

ですので、逆に言えば、自営業者が住宅ローンを通すためには、とにかく

 

安定した収入がある、と証明することが大切です。

住宅ローン

よくフラット35が比較的審査が緩く、自営業者が通りやすいと言われていますが、徐々に厳しくなってきているのが現状です。

 

といっても自営業者だから住宅ローンが通らないわけではありません。

 

それでは、

 

自営業者が住宅ローンを通すために気をつけるべき3つのポイントをご紹介します。

 

自営業で安定収入を求めるならネットワークビジネスだという理由!

①確定申告の準備は3年分

確定申告が必要なのは、もちろんどのくらいの収入があるのかを見るためであり、住宅ローンの支払い能力を判断する上で重要な材料となります。

 

しかし、1年分では安定した収入なのか判断することができません。

 

フラット35では金融機関によって1年分の確定申告でよいところもあります。

 

それも悪くはないのですが、3年分の確定申告を必要としている金融機関では、逆に自営業者が安定した収入を得ていることを証明できます。

 

 

②安定した収入でなおかつ黒字経営であること

借り入れの希望金額が高いか低いかによっても審査に通るかどうかは異なりますが、目安として経費を控除したあとの所得が年間平均300万円以上あることです。

 

しかし、年収が多くても借入金額が高いと通らない、ということは当然あります。

 

年収に占める借入れの年間合計返済額の割合(総返済負担率)が、30%から35%以下であることを目安にして借入金額を設定してください。

 

③頭金を準備しておくこと

自営業者の場合は一般的に20%~30%の頭金を用意しておくことが望ましいと言われています。

 

年収が高ければ、頭金が少なくても審査が通る可能性もあります。

 

以上のポイントに気をつけて、金融機関の住宅ローンの審査基準を調べて複数の機関で仮審査を受けて比較してみてください。

 

住宅ローンの仮審査は担当する人によって判断が異なるため、通ると思って通らなかったり、難しいと思ったが通ったりということがあります。

 

また住宅ローンの仮審査の申し込み履歴は、個人信用情報機関に残ってしまいますので、あまりに多い仮審査の申し込み履歴は審査を通す上で不利になります。

 

よく調べて審査はできるだけ間隔を置かずに一度に通すこと。

そして、やみくもにあちこちの審査を受けないようにしてください。

 

自営業者の方は安定した収入が生涯得られるという保証がないため、不安になりやすいですよね。

 

同じ個人事業主でもネットワークビジネスなら、権利収入によって安定した収入が見込めることを知っていますか?

 

インターネットで展開するネットワークビジネスなら、自宅で自由な時間に副業として取り組むことができるため、自営業者の方にも人気です。

自営業者で安定収入を求めている方のためのネットワークビジネスノウハウ