月刊ネットワークビジネス2015年3月号に発表された、今年最初のネットワークビジネスランキングです。

今回の発表は13年10月から14年9月までに迎えた決算を対象とした速報版で、集計企業数は昨年より3社減少した118社。

合計売上高は、前年とほぼ横ばいで、ネットワークビジネス業界の市場規模は約9152億円となりました。

以下30位までのネットワークビジネス売上高ランキング速報をお伝えします。

順位        社名売上高
1日本アムウェイ 969億6800万円
2三基商事 720億円
3二ュースキンジャパン400億4400万円
4フォーデイズ 388億3500万円
5アシュラン300億円
6ノエビア 256億円9500万円
7ナチュラリープラス218億1800万円
8フォーエバーリビングプロダクツジャパン211億6800万円
9     シャルレ207億3700万円
10  ジャパンライフ                            193億円
11モリンダジャパン180億円
12ベルセレージュ本社175億1000万円
13ニューウェイズジャパン167億3100万円
14エイボンプロダクツ146億8400万円
15日本シャクリー124億7400万円
16高陽社120億円
17モナヴィージャパン90億円
18赤塚85億円
19日本タッパーウェア80億円
20  シャンデール 74億円
21イオン化粧品73億円
22サミットインターナショナル          70億円
23日健総本社69億3000万円
24セプテムプロダクツ66億円
25ライフバンテージジャパン64億1200万円
26グラントイーワンズ62億円
27ネイチャーケア・ジャパン61億円
28ザ・マイラ53億6000万円
29ロイヤル化粧品58億4400万円
30アライヴン                   55億円     

                  売上高ランキングは上位20社で全体の約7割を占めていますが、そのうち7社が増収、5社が減収という結果でした。

中でもランキング4位のフォーデイズはなんと14期連続増収、と好調を維持しています。

すごいですね!
フォーデイズの主力商品は核酸ドリンクという栄養補助食品ですが、12月にバージョンアップされました。

また、化粧品という新しい製品アイテムも増えていますので、さらに好調に拍車がかかりそうですね。

ランキング10位までは変動はほとんどありませんが、それ以下は順位の入れ替えも活発です。

30位以下の企業も大きな伸び率を示しているところもありますので、また結果をお知らせしたいと思います。

今年もネットワークビジネス業界の動向に目が離せませんね。

在宅副業最前線!勧誘しないネットワークビジネスとは?